ユーザー登録
文字サイズ

【特集】みんなでつくろう!支え合いのまち 千葉 1

2/62

千葉県千葉市

「向こう三軒両隣」、「困ったときはお互い様」といった、地域の人と人との結びつきを表した言葉を聞いたことがありませんか?この結びつきが地域によっては失われつつある一方、誰もが日々の生活上、さまざまな困りごとに直面します。自分や家族だけでは解決できず、公的サービスでも対応の難しい困りごとを抱えて途方に暮れることもあると思います。
市では、こうした困りごとの解決に向けて地域で支え合う「支え合いのまち千葉」の推進を行っています。今回は地域の取り組みの好事例も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。そして、支え合いのまちに皆さんも参加してみませんか。

■支え合いのまちって、どういうこと?
さまざまな困りごとを抱えて支えてもらいたいと思っている方を、地域の方などが中心になって支えてあげる。こうした地域での支え合いである地域福祉活動を通して、全ての方が住み慣れた地域で安心して自分らしく暮らせる地域社会の実現を目指すのが、支え合いのまちの考え方です。

□編集担当D
市内には、支えてもらいたいと思っている人はどのくらいいるんだろう?

□市内の一人暮らしの高齢者数
平成27年国勢調査によると…
43,847人
(平成27年10月時点)

□市内の認知症の高齢者数(日常生活自立度2.*以上)
市の調査によると…
21,261人
(平成29年9月時点。要介護認定申請者に限る)
*日常生活に支障を来たすような症状・行動や意思疎通の困難さが多少見られても、誰かが注意していれば自立できる

□編集担当D
このほか、ひとり親家庭の方なども困っていることがあるかもしれないね。もちろん、この人たち全員が困っているわけではないし、これ以外の人が困りごとを抱えることだってあるよね。

■支えてもらいたい人
一人暮らしで話し相手がいない。さびしい…
子育てのことで相談できる人がどこかにいないかな…
普段はボランティアをしているけど、実は自分も助けてほしい…
ごみ出し、掃除など日常のちょっとしたことを手伝ってもらいたいんだけど…

高齢者を対象に行った千葉市介護予防・日常生活圏域ニーズ調査および在宅介護実態調査では、「ボランティアなどによる地域の支え合い活動として提供するサービスを利用したいか」という質問には60.6%の方が「したい(はい)」と答えています。支えてもらいたいと思っている人は、地域の支え合いを求めています。

■支えることができる人
力仕事は無理でも話し相手にはなれるよ
ごみ出しや見守り活動みたいな、ちょっとしたことならできるかも
知らない人に話しかけられないし、その人が手伝って欲しいと思っているかも分からない

市民の方に聞いたアンケートでは、「地域福祉活動に参加したことはない」と答えた方が82.5%で、そのうち72.0%の方が「機会があれば参加したい」と答えています。一方で、「住んでいる地域でどのような地域福祉活動が行われているか知らない」という方が55.1%でした(千葉市WEBアンケート調査)。これを機に支えることができる人になりませんか?

■身近な支えてもらいたい人を地域で支えて、支え合いのまち千葉へ!
□編集担当D
時には、支えてもらいたい人が支えることができる人になったり、その逆になることもあるんだよ

市内の地域福祉活動の例を次の面で紹介します。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 千葉市 〒260-8722 千葉市中央区千葉港1番1号