ユーザー登録
文字サイズ

ちば市政だより 令和元年9月1日号

【特集】いのちをだいじに 災害が起きる前にできること(3)

5/75

千葉県千葉市

■地域をみんなで守る
日頃から地域のつながりを深め、地域住民同士が助け合える災害に強い地域をつくりましょう。

◆自主防災組織に加入しよう!
地域の皆さんが日頃からお互いに協力し合い、「自分たちのまちは自分たちで守る」ことを目的に、町内自治会などを単位として結成するのが自主防災組織です。
大規模な災害が発生した場合に備え、お互いに協力して、防火・防災訓練や資機材の備蓄などの活動に組織的に取り組むことが、被害の軽減につながります。

◆避難所運営委員会に参加しよう!
災害時に円滑に避難所の開設・運営を行うために、地域の町内自治会、自主防災組織、避難所となる施設の管理者、市担当職員などが一体となって設立するのが避難所運営委員会です。
普段から避難所の開設・運営に向けたマニュアル作りや訓練を実施しているほか、災害時には避難者と協力して避難所の開設・運営を行います。

◆避難行動要支援者名簿に名前を掲載しよう!
支援が必要な一人暮らしの高齢者など、災害時に自らを守る行動をとることが難しい方の名簿を作成し、町内自治会などに提供し、支援体制の構築を促進しています。詳しくは、各区役所地域振興課へお問い合わせください。
なお、特別な事情のある方で、新たに名簿への掲載を希望する方や、既に名簿に掲載されているものの、名簿の掲載を拒否する方は、ホームページをご覧いただくか、高齢福祉課【電話】245-5171【FAX】245-5548にお問い合わせください。

問い合わせ:区役所地域振興課くらし安心室
中央
【電話】221-2169
【FAX】221-2179
花見川
【電話】275-6224
【FAX】275-6799
稲毛
【電話】284-6107
【FAX】284-6189
若葉
【電話】233-8124
【FAX】233-8162

【電話】292-8107
【FAX】292-8159
美浜
【電話】270-3124
【FAX】270-3191

■災害時に慌てないために
大規模な災害が発生すると、自宅へ帰ることが困難になったり、家族などと連絡がつきにくくなります。日頃から次のことを意識して、冷静に行動できるようにしましょう。

◇災害時はむやみに移動を開始しない!
・自分の身の安全を確保し、慌てて移動を開始しない
・職場や集客施設などの安全な場所にとどまる
・災害伝言サービスやSNSで、家族の安否などを確認
・交通機関の情報や道路の被害情報などを入手

◇安全な徒歩帰宅のために、普段から心掛けを!
・携帯ラジオや地図、携帯電話を充電するバッテリーを持ち歩く
・徒歩やバスでの帰宅経路と災害時帰宅支援ステーションの場所を確認
・職場などに、歩きやすいスニーカー、懐中電灯、手袋、飲料水、食料などを用意

◇家族などと安否確認の方法も複数確認しておこう!
・安否確認の方法は、日頃から家族などで話し合い決めておく
・災害用伝言サービスの利用方法を確認し、体験しておく

詳しくは、「千葉市 安否確認」で検索

◆災害時帰宅支援ステーション
災害時に、徒歩で帰宅する方を支援するため、協定を締結したコンビニエンスストアや飲食店などが、水道水、トイレ、交通情報などを提供することになっています。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 千葉市 〒260-8722 千葉市中央区千葉港1番1号