ユーザー登録
文字サイズ

ちば市政だより 令和元年9月1日号

9月24日(火曜日)~30日(月曜日)は結核予防週間 結核は早期発見が大切です

17/75

千葉県千葉市

結核は過去の病気ではありません。今もなお多くの方が感染しており、昨年度、市内で127人が新たに結核と診断されました。
早期に発見し治療を開始すれば、周囲への感染を防ぐことができ、入院をせずに治すこともできます。
正しい知識を身につけ、予防や早期発見に役立てましょう。
◇結核とは
たんに結核菌がいる患者のせきやくしゃみにより、空気中に飛び散った菌を吸い込み、菌が肺に入ると感染し、炎症を起こす病気です。

◇こんな症状がでたら病院へ
初期症状は、風邪と似ています。次の症状がでたら、早めに医療機関を受診しましょう。
・せきやたんが2週間以上続く
・倦怠(けんたい)感が長く続く
・食欲がない
・発熱が長引く
・急に体重が減る

◇結核を予防するには
健康的な生活を心がけ、免疫力を高めておくことが大切です。日頃から次のことに気を付けましょう。
・睡眠を十分にとる
・適度に運動する
・タバコを吸わない
・好き嫌いをせず、バランスのとれた食事をする

◇早期発見のために定期健康診断を受診しましょう
年に1回は会社などの健康診断を受診して、胸部エックス線検査を受けましょう。65歳以上の方は、結核検診を兼ねた市の肺がん検診が無料で受診できます(受診券シールは5月中旬に郵送済み)。また、乳幼児は感染すると重症化する恐れがありますので、4か月児健診に合わせて行っているBCG予防接種を受けましょう。

問い合わせ:感染症対策課
【電話】238-9974
【FAX】238-9932

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 千葉市 〒260-8722 千葉市中央区千葉港1番1号