ユーザー登録
文字サイズ

ちば市政だより 令和元年8月1日号

8月は食中毒予防強調月間 食中毒にご注意ください!

19/81

千葉県千葉市

気温が高くなるこの時期、細菌などによる食中毒が多数発生します。家庭でも、次の点に注意しましょう。

□編集担当N
バーベキューなどでは、調理前後で器具を使い分けましょう

◇細菌・ウイルスを付けない
手や包丁・まな板などの調理器具に付着した細菌などを食品に付けないために適切に洗浄し、肉や魚などの調理前の食品と、生で食べる食品や調理済みの食品を分けて取り扱いましょう。特に、魚介類は調理する前に流水で洗いましょう。

◇細菌を増やさない
食品に付着した細菌は、高温多湿な環境で活発に増殖します。早めに食べるか、保存する場合は、冷蔵庫(10度以下)や冷凍庫(マイナス15度以下)に入れましょう。購入した食品は表示の保存方法を確認し、適切に保存することも大切です。

◇細菌・ウイルスなどをやっつける
細菌などは、加熱により減らすことができます。食べる直前に食品の中心部まで十分に加熱(85~90度で90秒以上)しましょう。生食用の販売・提供が禁止されている牛・豚の肝臓(レバー)や豚肉(内臓を含む)は、細菌や寄生虫などによる食中毒を避けるため、よく焼いて食べましょう。特に、子どもや高齢者など抵抗力が弱い方は、食肉やカキなどの生食を控えましょう。

問い合わせ:保健所食品安全課
【電話】238-9935
【FAX】238-9936

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 千葉市 〒260-8722 千葉市中央区千葉港1番1号