ユーザー登録
文字サイズ

ちば市政だより 令和元年8月1日号

【特集】男性が子育てをして楽しいまちへ お父さん、オムツ替えてますか?

5/81

千葉県千葉市

近年、女性の就業率が上昇し、仕事と家庭の両立のために男性が育児に関わる必要性が高まっています。このため、市では男性が子育てをして楽しいまちづくりを目指し、男性の育児を支援しています。子どもの成長を見守り、子育てを楽しむために、パートナーと一緒に育児について考えてみませんか?

◆どうして、男性の子育てが重要視されているの?
男女が家庭での役割を負担し合うようになれば、その分女性が社会に参画しやすくなります。女性の負担が軽くなることで、子どもを産みたい、育てたいという思いを実現しやすくなることも期待されています。こうした背景から今、男性が積極的に子育てすることが求められているのです。

◆みんなどのくらい育児できているのかな?
男性の1日の育児への参加時間は欧米諸国と比べて短く、育児休暇も取得する男性はまだまだ少ないのが現状です。

●男性の1日の育児への参加時間
日本   49分
アメリカ 80分
イギリス 60分
(内閣府男女共同参画白書令和元年度版より)

●男性の育児休暇取得率
6.16パーセント
(厚生労働省平成30年度雇用均等基本調査より)

◆うちのパパにもできるかな?
市はさまざまな形で、男性の子育てを支援しています
■子どもともっと楽しく関わりたい方には…
・パパスクール
子どもとの遊び方や、パートナーとの協力に関する講座です。
日時:9月29日(日曜日)・10月27日(日曜日)10時~12時、11月17日(日曜日)・12月15日(日曜日)10時~11時30分全4回
場所中央コミュニティセンター
対象:市内在住で就学前の子どもを持つ父親(11月17日は子ども、12月15日は家族の同伴も可)
定員:先着30人*9月29日、10月27日は、託児あり(人数制限あり)
申込方法:8月1日(木曜日)9時からEメールで、必要事項のほか、子どもの年齢を明記して、幼保支援課【Eメール】shien.CFC@city.chiba.lg.jpへ。電話・FAXも可。

内容など詳しくは、「千葉市 パパスクール」で検索

◇利用者の声
・父親の役割について考える良い機会になりました。
・ほかの父親たちと子育てに関する悩みを共有できました。

■子育てひろばで、男性保育士と一緒にパパと遊ぼう
市の男性保育士が、パパと子どもが体を目いっぱい使って、親子で触れ合うための遊び講座を行います。申込方法など詳しくは、各施設へお問い合わせください。

■イクメンハンドブックの配布
出産準備から子どもとの遊び方まで、具体的に紹介する冊子を母子健康手帳と一緒に配布しています。

◆育休がとりにくい方には…
■男性の育児休業取得促進奨励金
市内の中小企業などに勤務する男性とその企業の事業主に対し、奨励金を支給します。
対象:次のすべての要件を満たす育児休業取得者
・3歳未満の子どもをもつ市内在住の男性
・市内の中小企業(300人以下)に勤務
・連続する10日以上の育児休業を取得
・職場復帰後1カ月以上勤務
【上記】育児休業取得者の雇用主のうち要件を満たす事業主
支給額:
育児休業取得者=5万円
事業主=20万円
対象要件や申込方法など詳しくは、「千葉市 男性の育児休業」で検索

◇利用者の声
・自分ひとりだけでの子育てを経験したことで、子育ての大変さを実感しました。
・会社で仕事をするよりも大変でしたが、生涯忘れられない貴重な経験となりました。

ほかにもさまざまな支援をしています。
詳しくは、幼保支援課へお問い合わせください。

■みんなへのお願い
僕はパパたちがもっと育児に時間をかけられるようになるといいと思ってるんだ。そのためには、男性育児に対するまち全体の意識が変わらなきゃいけないよね。みんなも、子育てを頑張るパパたちを応援してね。

■おわりに
子育ては期間限定のお楽しみです。せっかくのかわいいわが子を育てる機会を、母親だけに任せて、逃してしまうのはもったいないと思いませんか。子どもが大きくなるのはあっという間ですよ。後悔しないように、今から育児に積極的に関わりましょう。

問い合わせ:幼保支援課
【電話】245-5105
【FAX】245-5629

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 千葉市 〒260-8722 千葉市中央区千葉港1番1号